焙煎とは

焙煎の様々な方法

焙煎機と一口にいっても様々な種類があります。直火式、熱風式、半直火式、赤外線方式、炭火焼など、それぞれコーヒーに対してどのようにこだわるかを基準に焙煎機を選びます。

写真:焙煎のようすフレーバーを大切に、香りや味わいを強くするというならば直火式、または炭のフレーバーをコーヒー豆に押し込む(アロマ)炭火焼ロースターを使います。コーヒーの味をソフトに、豆顔をきれいに仕上げようとするなら熱風式または赤外線方式など・・・とそれぞれに合った焙煎方法を分けることができます。それに加えてドラム(焙煎機)の厚さや大きさ、出力などでもコーヒーの味は変わります。つまり自家焙煎のコーヒーの味は様々な要素が絡み合い多種多様な味となるのです。

どのような味のコーヒーを焙煎するか

生豆の状態が悪ければ焙煎する人が優秀でも理想のコーヒーはできません。生豆の選別は理想のコーヒーを作るにあたり全体の半分を占める重要な役割があります。

どの生豆を使用するか、どの焙煎機を使うか、豆をどれくらい火に入れるかコーヒーを焙煎する際にこれらの要素をこだわりをもって制作しなければなりません。ブレンドコーヒーの場合は豆の配合率、各豆の焙煎度合いもこれらに加えられます。

コーヒーの好みは千差万別

その中で基本となる味はそのコーヒーを製作する人が飲ませたい味となります。焙煎からブレンドの配合に至るまで制作する人のこだわりが味を作ります。

おいしいコーヒーとは各自の好みになってしまいます。強く焼いた苦いコーヒーを好む人が、浅いコーヒーや酸味の強いコーヒーを好まなかったり、その逆の場合もあります。一杯でコーヒーに満足する人もいれば、何杯も薄いコーヒーを飲む人もいます。砂糖を入れる人、ミルクだけの人、ブラックで何も入れない人・・・など、作る側がどのような人においしく飲んでもらいたいかを考え、焙煎を行ないます。